タグアーカイブ | スプレッド

FX業者をスプレッドで比較する

FX(外国為替証拠金取引)にはスプレッドとよばれるものがあります。
これは通貨の買値と売値の差額の事で、
たとえば現在の買値が1ドル100円だった場合、売値は99円99銭だったりと、ほんの少し安かったりします。
この差額がスプレッドです。
買った瞬間に売ると少し損をしてしまいます。
この差額がFX業者の儲けになるのです。
たった一銭ですが、レバレッジをかけて取引するFXではこの一銭がボディーブローのようにじわじわと効いていきます。
仮に一日に3万通貨を30回取引した場合、支払うFXスプレッドは30銭になります。
金額でいえば9000円です。

続きを読む

FXドル円取引のスプレッドとは

FXのドル円取引における、スプレッドというのは手数料のようなものとなっています。
最近のFXの業者というのは基本的に一回の売買でいくら手数料がかかるというものはなく、その代わりにスプレッドと呼ばれる売買のレートの差が業者の手数料の差となっているのです。
ドル円取引の場合、ショートが120.800でロングが120.805であった場合0.3銭がスプレッドということになります。
1万通貨のドル円取引をした場合、レートが変わらないとすればショートポジションをとるにしてもロングポジションをとるにしても、ポジションを持った瞬間に30円の含み損が出るということになります。

つまりFXで利益を出すためには、スプレッドが0.3銭の場合にはポジションを持った後にその方向に対して0.4銭以上動かないと利益が出ないということになります。

続きを読む

FX取引コストのノウハウ

FX取引に興味を持たれている方の中には、FXの取引コストを気にされている方も居られます。
例えば株式投資を行う場合は、取引を行う度に証券会社に対して売買手数料を支払う必要があります。
ネット証券の場合は数百円程度で済みますが、店舗を構えている総合証券の場合は数千円ほどの売買手数料が発生します。
ですので、株式投資においては取引コストを重要視する必要があります。
一方、FX取引の場合は売買手数料が無料のケースが殆どです。
以前は、売買手数料が必要となることが多かったですが、現在は殆どのFX会社が売買手数料が無料で取引を行うことが出来ます。
では、FX取引においてはコストを気にする必要が無いのかと言いますと、そうではありません。

続きを読む

初心者海外fx講座スプレッドとは

海外fxを始めてみようと思っている初心者は、まずスプレッドを理解する必要があります。
スプレッドというのは何かというと、海外fxにおける業者側の手数料となります。
初心者の内は海外fxはどこで手数料がとられるのかわからないということになりがちですが、スプレッドによって売買した時点でポジションにすでに手数料が含まれていると考えると間違いがありません。
fxというのは常に売りと買いのレートが提示されていますがその差のことが、スプレッドであり売りが100.000買いが100.003といったように表示をされています。
この0.03の部分に当たるのがスプレッドであり売りと買いを同時に行った場合、0.03円分の損失が発生するということになります。

続きを読む