FX取引コストのノウハウ

Pocket

FX取引に興味を持たれている方の中には、FXの取引コストを気にされている方も居られます。
例えば株式投資を行う場合は、取引を行う度に証券会社に対して売買手数料を支払う必要があります。
ネット証券の場合は数百円程度で済みますが、店舗を構えている総合証券の場合は数千円ほどの売買手数料が発生します。
ですので、株式投資においては取引コストを重要視する必要があります。
一方、FX取引の場合は売買手数料が無料のケースが殆どです。
以前は、売買手数料が必要となることが多かったですが、現在は殆どのFX会社が売買手数料が無料で取引を行うことが出来ます。
では、FX取引においてはコストを気にする必要が無いのかと言いますと、そうではありません。


FX取引ではスプレッドに注視することが重要です。同じタイミングで売買を行ったとしても、FX会社によって為替レートが異なります。
なぜならば、FX会社によってスプレッドが異なりますので、FX会社によってレートが同じになることはありません。
スプレッドとは、売値と買値の差額のことで、FX会社に支払う手数料の意味合いがあります。
ですので、スプレッドの幅が狭い方が手数料負担が抑えられて、消費者にとってはメリットが大きいと言うことになります。
ただし、スプレッドは一定ではありません。
スプレッドが原則固定と謳っているFX会社でも、指標発表時などにはスプレッドが通常よりも大きく開きます。
ですので、スプレッドの狭さだけで、FX会社を選ぶことは避けなければいけません。