美容整形で人気の高いバストアップ

Pocket

日本人女性は、胸が小さいことを気にしている人が多いです。
そのため、バストアップしたいと美容整形を考える人も少なくないのです。
バストアップするには、自分にとって最適なバストアップの方法を選ぶ必要があります。
バストアップの方法には、プチ豊胸術とも呼ばれているヒアルロン酸注入、自分の脂肪を使う脂肪注入術、プロテーゼ挿入があります。
ヒアルロン酸注入は、15分くらいで施術が終了し、術後の腫れや痛みが少ないので人気があります。
脂肪注入術は、自分の脂肪を使うため、安心感があります。

また、注入した脂肪の5割程度が定着して、半永久的な効果が期待できます。
プロテーゼ挿入は、5カップくらいまでバストアップが可能となっています。
脂肪注入術とプロテーゼ挿入の場合、痛みについて心配する人がいますが、痛み止めが処方されるので、それほど心配する必要はないです。
どのバストアップ方法を選択するかは、どのくらいの大きさにしたいかによって変わってきます。
また、一時的に胸を大きくしたいか、半永久的に胸を大きく保ちたいかによっても施術方法は異なります。
どのような方法がいいか、自分で決められない場合は、カウンセリングを利用して医師に相談してみるといいです。