家出人と捜索願提出に必要な書類

Pocket

家族などの行方が突然分からなくなり、その事を警察署へ相談へ行くといった方がいらっしゃいます。
この場合、捜索願を出す事により、行方が分からなくなった方を家出人として捜索をしていくといった事になります。
家出人捜索を届け出る際に覚えておきたいこと
また警察署への捜索願は、家出人との一定以上の関係性である方でないと行う事が出来ません。
具体的には、配偶者、保護者、親族、監護している方、同居人、事実婚状態にある方、雇い主、家出人の福祉に関する事務に従事する方が該当するとされています。

また届出を行う場所は、失踪した時点での住所地、失踪した場所、保護者の住所地を管外する警察署、交番にて行う事になります。

またこの捜索願を行う際には、提出しなければならない書類があります。
捜索願を届け出る方の免許証を始めとする、身分証明書、印鑑、そして家出人の写真です。

そして捜索にあたっての情報提供をする事も求められ、家出人の本籍を始め、失踪時の住所、氏名、年齢、職業、人相、体格、着衣、車両ナンバー、そして行方が分からなくなった日時や動機などといったものです。

これらの提出が完了すると、その情報が警察のコンピューターに登録される事になります。
そしてその中で一般家出人と、特異家出人に分類されます。

一般の場合には、自発的に行方をくらませたと判断された場合に分類される事となり、事件性はない為に積極的な捜索活動はしません。

一方で特異の場合は、自殺の可能性、また何らかの事件や事故に巻き込まれたと判断された場合に分類される事となり、積極的な捜索活動が行われます。