失敗しない医療レーザー脱毛!

Pocket

VIOゾーンを医療レーザー脱毛する時のデメリットとして肌荒れを起こす可能性があります。
体の中でも特にデリケートな部分ですから強い刺激になる医療レーザー脱毛ですと皮膚トラブルの原因になってしまうことがあるのです。
火傷を負ってしまうリスクもありますので、肌状態をしっかりと見極めて安全な施術をしてくれるクリニックを利用しなければいけません。
刺激を強く感じてしまうのもデメリットと言えるでしょう。

医療レーザー脱毛は出力が高いのが最大の魅力ですが、ところが出力が強い為に痛みも強く感じ易いのです。
特に刺激にあまり強くないVIOゾーンですと余計に痛みを感じ易いかもしれません。
ただし、施術を行う場合は麻酔クリームを使用することができますし、また出力を下げてもらうことも可能です。
ですからやり方次第ではそれほど強い痛みを感じずに済むこともあります。
失敗をすると元に戻せないというデメリットもあります。
VIO脱毛をする場合は完全に脱毛をするのではなく、多くの場合は余計な部分だけを脱毛してデザインします。
上手く行けば綺麗にデザインができ、そして医療レーザー脱毛なら永久的な効果がありますので、その状態をキープし続けることが可能です。
しかしもし失敗してしまった場合、永久脱毛ゆえに元の状態に戻すことはできません。
したがって万が一不満のある仕上がりになった場合は、その状態を我慢しなければいけないことになることもあるのです。