ファイナンシャルプランナーの資格取得の勉強法

Pocket

近年、ファイナンシャルプランナーへの注目が高くなってきていると言えます。

以前はあまり馴染みのなかったこの職業ですが、現在では、テレビ番組などでも年金や保険などの問題、更には家庭の生活費についてまでアドバイスをする事が出来るといった幅広い活動が出来るといったところが特徴であると言えます。

一般的には、保険業界を始め、銀行を始めとした金融業界などにて重宝される資格と言えます。

その勉強法としては、基本的には独学がメインになると言えます。
特に基本事項などはいくつかの科目に亘って覚えていく必要があり、その他にもPERなどを算出する計算方法なども勉強していく必要があります。

まずは浅く広く、全体を勉強できる様な初心者向けのテキストを使って勉強する事が大切になると言えます。
そしてそれを理解した後に、過去問題集などを使用しての反復練習を行う事によって、自ずと合格ラインへ到達する学力が身につくと言えます。

そして基本的には、苦手な分野を残さない事も大切です。
試験問題は毎年傾向に違いがあり、また年々試験自体も難化傾向にあると言える為、得意な分野だけを伸ばして苦手な分野を切り捨てるといった勉強法では合格出来ない場合も多々あると言えます。